ラピエルの美容成分を徹底検証!

ラピエルの美容成分を徹底検証!

ラピエルの美容成分を徹底検証!

 

 

ここでは、ラピエルの美容成分とその効能について解説したいと思います。

 

 

アラサーを迎え、エイジングケア化粧品に関心をもつようになりました。

 

 

今までは他人事だと思っていたのですが、いざアラサーになるとお肌のコンディションが日によって違い、肌荒れが目立つようになりました。

 

 

お肌の水分、セラミドやコラーゲンが不足していく年齢なんですね。

 

 

セラミド成分が豊富に配合されているスキンケア美容液を探している時に出会った、このラピエル。

 

 

なんと5種類のセラミドが配合されています。保湿化粧品として抜群!

 

 

セラミドNP(セラミド3)・・水分を保持してシワを抑制して減少させる
セラミドNS(セラミド2。ヒト型セラミド)・・保湿
セラミドEOS(セラミド1。ヒト型セラミド)・・バリア機能を高める
セラミドAP(セラミド6)・・水分を保持する、シワを抑制する、正常な肌のターンオーバーを高める
カプロオイルスフィンゴシン・・セラミドの1種。保湿
カプロオイルフィトスフィンゴシン・・セラミドの1種。保湿

 

 

と、セラミドのオンパレードです。

 

 

この他にも、古くからお肌の保湿や日焼け、火傷の治療などに使われてきたアロエベラエキス

 

 

クレオパトラも肌や髪の毛、爪などに塗って愛用していたというハチミツを発酵させて更にパワーアップさせたハチミツ発酵液

 

 

日焼けした肌のほてりやシミ・そばかす、アトピーや乾燥肌にもいいとされるローズウォーター

 

 

血流を良くしてお肌の新陳代謝を高め、シミやくすみを改善しニキビなどの赤みを抑えてくれるプラセンタエキス

 

 

肌荒れやニキビを改善し、毛穴を引き締めてくれるカタツムリ分泌液

 

 

このようなお肌に良い成分がたっぷり贅沢に配合されています。

 

 

実際に私も使用してみたのですが、保湿成分が豊富なためかなりしっとりした感じです。

 

 

かと言ってベタつく感じではなく、サラッと軽いつけ心地なのが嬉しいですね。

 

 

皮脂過剰でニキビになる人よりは、お肌の乾燥から肌荒れをして保湿が必要な人に向いている気がします。

 

 

乾燥肌の人は、夜つけて寝るだけで翌朝もっちりお肌を実感できますよ。

 

 

乾燥肌を放っておくと、しわになったり、赤くなったり、ヒリヒリ痛くなったり、粉を吹いたりしてしまいます。

 

 

化粧水も浸透しにくくなりますし、お化粧のノリも悪くなり、年齢以上に老けて見えるようになります。

 

 

まさに美容の大敵ですね!

 

 

そうなる前に、早めに乾燥対策を始めることをおすすめします。

 

 

香りも私好みで気に入っています♪

 

 

 

美容成分たっぷり!話題の美容液【ラピエル】

 

 

 

美白効果も抜群!人気の美容液ラピエル